1997年以来、母子の健康管理を目的として製品を提供しています

マドンナ株式会社は1977年以来、医療関係者と関連をもち母子の健康管理を目的として製品を提供し、高い信頼と支持をいただいております。 1997年には医療専門誌で妊娠線に関する「妊娠・産褥期の皮膚の変化と美容」のタイトル日本で初めて小論文を発表し、医療関係者向け学会ではマドンナ製品の効果が発表されています。
2008年より「べビーマドンナ」シリーズを、オーガニック認証された植物原料を高配合したベビーのスキンケアとしてリニューアル。
さらに、2010年には新ブランド“オーガニックマドンナ”国産オーガニックスキンケアシリーズを発売しました。
今後もオーガニックマタニティ&ベビー製品を作った先駆者として、医師や助産師そして妊産婦の方々からのご意見をいただきながら、さらに日本のオーガニック製品のリーディングカンパニーとして、製品へこだわり、高品質をご提供いたします。

マドンナについて

マドンナは国産初のマタニティスキンケア製品

1977年以来、マタニティ&ベビーの健康管理サポートと同時に、全国の助産師さんとの深い信頼関係を築き上げてきました。助産師さんからの開発依頼もあり、妊娠、出産の大切な時期に「より楽しく、健やかに、そして美しく過ごしていただきたい」をテーマに、国産マタニティ向け製品として1993年にマドンナブランドが誕生しました。マドンナ( Madonna) は、イタリア語で「我が淑女」という意味で上品な女性であるとされています。“マドンナ”というネーミングには、「いつまでも美しい女性でいてほしい」との願いを込めています。

私たちの製品はすべて国産品です

妊娠期・新生児期からベビー期に、海外製品はどうしても不安、肌に合わない、香りがきつく感じることがあります。マドンナの製品は、日本人のきめ細かい肌質に合わせた素材を使用し、クオリティの高い使い心地を実現しています。また、全国の産科のスキンケア指導でも採用され、医療関係者からも評価をいただいております。

日本で初めて国産の妊娠線予防クリームを発売

1993年、日本で初めての国産の妊娠線予防クリーム「スキンクリームマドンナ」を発売。医療関係機関より推薦商品として認定され、妊婦さんへ販売を開始しました。

日本で初めて医学専門誌で妊娠線予防の小論文を発表

・タイトル:「妊娠・産褥期の皮膚の変化と美容 - 妊娠線対策を中心に -」
・著者 :マドンナ株式会社 山田 尚樹
〈 ※1997年発表 〉